北新建工は富山・石川で住み心地にこだわった、外断熱「涼温な家」を建てています。

株式会社北新建工 TEL 076-435-2680

ほくしん「いい家」ブログ

|HOME| 02<< 03/12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>04

完成体感会の詳細UP

今週末、7/16(土)、17(日)、18(月祝)の3日間、富山市八尾地内にて
開催予定のSA-SHEの家・完成体感会について、詳細をアップしました!
体感見学会からご覧下さい。

一昨日のプレ見学会には、35℃を超える猛暑の中、現在工事中のお客様や
ご商談中のお客様を中心として、15組の皆さまにおこし頂きました。
本当に暑い中、ご熱心にご見学頂きありがとうございました。
建物から出ると、どのお客様も一同に「うわっ、あつ!」とおっしゃられ
車に入られる際にまた一段と暑くなっている車内に「うわー」と…。

「完全外断熱」をご理解頂ける、とてもいい機会となりました。
完全外断熱の夏の優位性…、ご存知ですか?
木造の住宅は一般的に、1階の床は「床下で断熱」しますが
私たちの「完全外断熱」は、床下では断熱しません。
基礎で断熱しますので。
床下で断熱する意味は、「冬に対して」ですね。
一方、夏を考えますと、床下には外気と比べると温度の低い冷気が
存在しています。
その下にはもっと安定した地球という蓄冷体が存在します。
冬向きに対して断熱した「床断熱」は、夏においては、せっかく室内の
温度を逃がしてくれるはずの床下の蓄冷体を遮ってしまっている
ことになるんですね。

当社の見学会では、必ず床下をお見せしております。
「展示場に行ったら、まず床下を見る!」
『「いい家」が欲しい。』の本に書いてあるとおりです。

そして、新換気。
新換気は、センターシャフトで室内と構造内を同時に換気。
外断熱でこそ生きる換気方法です。
床下、小屋裏…。インテリアや機能的さももちろん大事ですが
ぜひ、普段なかなか見られない部分もご見学下さい。

カレンダー

02 2017/03 04
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:北川 剛
HP:北新建工

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析