北新建工は富山・石川で住み心地にこだわった、外断熱「涼温な家」を建てています。

株式会社北新建工 TEL 076-435-2680

ほくしん「いい家」ブログ

|HOME| 02<< 03/12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>04

ご来場ありがとうございました

7月25日(土)、26日(日)の2日間、富山市内にて開催しました涼温な家(SA-SHEの家)完成体感会へたくさんの方におこし頂き、誠にありがとうございました。

とにかく暑い週末でしたですね。
以下は2日目(26日)の状況です。
(温度計の上段は外気温、下段は室内の温度)

玄関(外気温センサ:南側玄関ポーチ)


キッチン(外気温センサ:北側窓外)
 

2階ホール(外気温センサ:北側窓外)
 
外気温が35℃を超える暑さの中、室内はどこも25℃前後という状況です。
これが、小屋裏に設置した1台のエアコンでできるということで、ご来場の皆さまからは驚きのお声を頂きました。
猛暑日、熱帯夜という言葉も、もはや珍しい言葉ではなくなってしまいました。
これからの日本の家づくりは、断熱性能抜きには考えらえない次代になって来ていると言えると思います。

ただ、これはあくまでこの「涼温な家」の性能のごく一部です。
エアコン1台で涼しい環境にできる、ということだけを言いたいわけではありません。
私たちが最も大事にしているのは「換気」。
断熱性能と気密性能の高い家に住むなら、換気をどうするかを忘れてはなりません。
新築したばかりの家が、空気がきれいなのは当たり前。
なぜなら、換気扇もダクトも新品だから。
しかし、その換気システムで10年、20年と住んだらどうなるのか…。


当社の完成体感会へおこしの皆さまにはいつもご覧頂くこの写真。
10年も経つと、ダクトの中はこのようになるのです。
この現実をどう考えるか。
数値だけでは測れない、将来の家の性能をぜひこの機会にお考え頂ければと思います。

カレンダー

02 2017/03 04
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:北川 剛
HP:北新建工

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析